布団屋ビビのIT経営戦略事業部

IT経営戦略

短期的・中期的・長期的なIT経営戦略で現状からの脱却を目指す、布団屋ビビのITストラテジー・マーケティングブログ

布団屋ビビのIT経営戦略事業部

IT経営戦略事業部マーケティング事業部開発事業部ホームページ制作事業部 企画・サービス事業部管理者

布団屋ビビのIT経営戦略事業部は、短期的・中期的・長期的なIT経営戦略で現状からの脱却を目指す、布団屋ビビのITストラテジー・マーケティングブログです。

人気ブログランキングFC2 Blog Ranking当サイト、相互リンク&相互RSS募集について

カテゴリ: IT経営戦略

布団屋ビビのIT経営戦略事業部

自ら現場を最前線で行っている経営陣や部課長やリーダーの会議であれば方向性もしっかりしたものになりそうだが、現場を知らない経営陣や部課長が数字だけを並べて会議をするのは意味があるのだろうか?
売り上げ拡大と経費削減を目標にしても、現場を知らないと数字だけの操作になってしまう。

計画とは現場の小さな仕事の指示と同じで、今する事、次にする事、最後にする事を考え、短期的な指示、中期的な指示、長期的な指示になる。
間違った判断で、現場はわざと仕事ができない現場になり仕事ができなくなり悪循環が起きることも…。

挙句の果ては、現場の責任となってしまう。そんな、会社は多い。
どうすれば、現場が循環するかを考えるのであって数字の操作ではない。
もし、会社の現場を動かしているキーマンが会議の中にいないのであれば、早くその先見性をもったキーマンを見つけ会議の中に入れるべきだ。リーダーは、いつも現場を動かしている。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
布団屋ビビのIT経営戦略事業部

小さい会社で、2代目社長に就任に就任すると社員が思うほど大変だ。
従業員、社員は苦労せずに社長になって羨ましいなとか、先代の方がいいなとか、オーラがないな大丈夫なのか?と心の中で思われる事が多い。
2代目社長も、不安や苦悩が多い。
だから、右腕を作り味方が欲しくなる。

よく、2代目社長で会社をたたんだ話をよく聞く。

私が出会ってきた2代目社長はたまたまプライドが高い特徴があったが何故か創立者はプライドが高い人は余りいない。

多くの場合、創立者は、自分で儲かるロジックを作り仕事の本質を知っているけど、2代目は仕事を知っている風なだけだから仕方が無い。

仕事が分からないから、自分では判断しない。自分をたててくれるYESマンの右腕左腕をおき間違った判断をする。

この時の右腕は大抵仕事を知らない。自分はなんでも知っている事を振る舞うだけの知っている風のYESマン、もしくは自分は社員から好かれていると勘違いしているYESマン、実績があるように見えて実は何もないYESマン。

仕事を知らないから、仕事を知らないYESマンを右腕にして判断する。社長は判断を自分でしているふうになり判断が鈍り会社が傾いて行く。
最後まで何が悪いのか?わからない。
そのうちまともな判断ができないので何も判断せずに…と。そんな話をよく聞く。

2代目社長で右腕を作らず自分だけの目や足や頭脳、判断が出来る人は立派な人だ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
布団屋ビビのIT経営戦略事業部

専務と常務はどっちが偉い?

会社に入るといろんな肩書きがあります。
新人の時によくわからなかったのが、専務と常務。

社長よりも下だけど、部長よりは上は分かるけど、専務と常務ではどちらが偉いんだろう?
みたいな素朴な疑問が…新人の時にありました。

まず、経営人である役員職と、従業員である役職に分かれます。
一般的に、役員職は、会長→社長→副社長→専務→常務→取締役→執行役員と言った感じになり、常務より専務の方が上になります。ただし、執行役員は従業員のままの役職でもあります。

従業員の序列は、会社により呼び方も変わってくるとわ思いますが一般的に本部長・事業部長→部長→副部長→次長→課長→課長代理→課長補佐→係長→主任→平社員のような順になります。
また、室長と部長などもどちらが偉いか分かりにくいですが、室長と部長はほぼ同じようですがどこの部署に配属されているかで会社によりどちらが偉いのかは異なります。

ただ、会社で偉いと言うのはただ単に偉いというわけではなく権限や決定権がある順番という事になります。
会社によっていろいろな役職があったり社外向けの役職などもあるので、その都度判断するしかないのが難しいところです。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

旅にでよう!

このページのトップヘ

アイドルDVD数量限定キャンペーン