布団屋ビビのIT経営戦略事業部

開発 開発手法・手段

短期的・中期的・長期的なIT経営戦略で現状からの脱却を目指す、布団屋ビビのITストラテジー・マーケティングブログ

布団屋ビビのIT経営戦略事業部

IT経営戦略事業部マーケティング事業部開発事業部ホームページ制作事業部 企画・サービス事業部管理者

布団屋ビビのIT経営戦略事業部は、短期的・中期的・長期的なIT経営戦略で現状からの脱却を目指す、布団屋ビビのITストラテジー・マーケティングブログです。

人気ブログランキングFC2 Blog Ranking当サイト、相互リンク&相互RSS募集について

カテゴリ:開発 > 開発手法・手段

布団屋ビビのIT経営戦略事業部

受託開発の世界では、口うるさいお客ほどお金をださない(金額少ない)のは鉄板

これは仕方がないという勝手な理由で、後だしじゃんけんで数多くの仕様変更を当たり前で言ってくる。

なので、アジャイルな感じでやった分だけ払ってもらうのが良いのだが、先方も予算等があるのでそんな上手くはいかない。そんな感じで受けてくれるお客は既に良いお客だ。

立ちの悪い発注クライアントは、仕様変更を言い続けて、検収をしてくれずに無料でバージョンアップをさせて開発者を困らせる。
もし、開発経験が無い営業や口だけのにわかIT営業がクライアントと開発者の間にいた場合も、お客様が神様でスキルが無いので完全に止められない。

小さなものから大きなものまで、クライアントは受託開発の世界では工数計算していることも発注側は考えてはいない。
時間計算ではなく、生産で物を売っているクライアントであればなおさら時間イコールお金といいう感覚は持たない。
さらに、口うるさいお客ほど、片手間ではなくこの開発の専門担当になり暇なのでいろいろ言ってくる。そして、システムはあらぬ方向へ進んでいく。
そして、クライアントは開発者が別の案件を抱えていることを考えていない。

これが、2次受けになると最終クライアントと直交渉できないので、さらにつらい。

1次受けがお客からたくさん金額を取れるスタイルのIT営業であれば、2次受けに金額を安くしろとはいわず、2次受けと長い付き合いをしていくスタイルになる。ただ、それにはITスキルとコミュ能力と長い経験がいる。
そういう事のできる人材は少ない。それっぽい偽者は多くいるが本物は少ない。

大抵は、1次受けがコストを下げて取りに行くレッドオーシャン的なスタイルの営業で、2次受けに安くさせるタイプの1次受けになり2次受けにとって本当に最悪な状態になる。最悪、最後に文句を言ったらお金を払わないなんて言う事もある。
結局は、開発者自ら営業した方が早い。そして、それが時代の流れ。
もしくは、営業をせずにクライアントから寄って来る仕掛けを作るかになる。

当然、プログラム経験もなく開発の苦労も知らないものが、開発者の周りで、開発者に指示をしてくること自体が世界が違う。それは、クライアントだけではなく社内でも同じことが言える。

どちらにしろ、付き合いにくいところの仕事は絶対にしないと開発者は決めている。

ただ、はっきりNOというだけの開発者は問題があるとき打開案はださない。
そういう開発者とも仕事は絶対にしないとクライアントは決めている。

一番のスキルと経験、ストレスがたまる場所はIT営業も開発も責任を負わないといけない現代の開発リーダーなのかも知れない。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
布団屋ビビのIT経営戦略事業部

ウォーターフォールとアジャイル

仕様をがっちり決めて、仕様書にお客に判子を押させてこれ以外の事は受け付けない勢いのウォーターフォール。
仕様を決める前に要件定義がはっきりしているので見積もりがしやすい。赤も出にくい。
ただ、あまり融通がきかなく要件定義や仕様を決めるのにも時間がかかる。

Web系システムであれば、ウォーターフォールよりもアジャイル型のほうが今時でお客もうれしいと思う。
Web系はローカル系と違って修正が聞きやすいというのもある。
思ったものを早く作ると言ったスピードが重要な時代、アジャイル型はとてもいい。
ただ、アジャイルは結局は繰り返し開発なので、見積もりの仕方や止め時のここまでというラインの引き方が難しい。
担当者がコスト意識を持たなくて何でもかんでも聞いてしまえば、工数が合わずに赤がでる。
お客もどんどん好きな事を言う。間に立つ人が重要な役割をしないといけない。

結局は、ウォーターフォールでもアジャイルでも始めにどこまでの事が可能なのかはっきりさせる事が重要なのだと思う。

Web系は保守で儲けているところが多い。
始めにあらゆることを考えて、システムを完全に構築し、納品して終わりと言う考え方もあるし、
永遠ベータ版という言葉があるように、継続的に機能を足していきながらパワーアップしていくという考え方もある。

ウォーターフォールとアジャイル
向き不向きがあるが、戦略的にどこでどのように儲けていくかは考えていかないといけないきがする。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
布団屋ビビのIT経営戦略事業部

昔は、必ずやらないといけないもの、必要性があるものがITとして予算を付けれたと思うが、、必ずやらないといけないもの、必要性があるものはITバブルの時にある程度構築されてしまって、今は、それだけではなく楽しいものやワクワクするものなどのベクトルも要求されるようになっていく傾向にあると思う。(*´ェ`*)

また、要求定義にあったものを納品するだけではなく構築中の間、どれだけ満足させられるかでも違いがでてくると思う。コスト競争だけではない。(`・ω・´)

担当者が別の仕事が専門で、その開発プロジェクトには時間が取れない場合、一見大丈夫かな?と思うが、意外と大丈夫だったりする。
逆に、発注側の担当者がそのプロジェクトの専任担当者だった場合、始めの要求後は特に待っているだけで、することがなくて、何度も確認させて欲しいといったり、修正して欲しいと何かと仕事が増えてくる。
その中で始めと違う話も多く出てきて爆発する。

その待たせている間に、何が出来るのかを考えたい。*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

旅にでよう!

このページのトップヘ

アイドルDVD数量限定キャンペーン