布団屋ビビのIT経営戦略事業部

ホームページ制作 SEO・アクセスアップ

短期的・中期的・長期的なIT経営戦略で現状からの脱却を目指す、布団屋ビビのITストラテジー・マーケティングブログ

布団屋ビビのIT経営戦略事業部

IT経営戦略事業部マーケティング事業部開発事業部ホームページ制作事業部 企画・サービス事業部管理者

布団屋ビビのIT経営戦略事業部は、短期的・中期的・長期的なIT経営戦略で現状からの脱却を目指す、布団屋ビビのITストラテジー・マーケティングブログです。

人気ブログランキングFC2 Blog Ranking当サイト、相互リンク&相互RSS募集について

カテゴリ:ホームページ制作 > SEO・アクセスアップ

布団屋ビビのIT経営戦略事業部

アクセスの確認をして欲しいと言われてGoogle analyticsに勝手に登録されて知らない間にどんどん増えていく…あなたが管理者ならそんなことあるかもしれません…

正直、他人のサイトのアクセスなんて見ません。 
見る必要の無いアカウントのサイトから、アナリティクス設定で自分をはずすことができる。 
このアカウント自分を削除を選ぶだけで、自分をはずせます。

 analytics



    このエントリーをはてなブックマークに追加
布団屋ビビのIT経営戦略事業部

アクセスアップ向上はのSEOを気にしているわけではないですが、私のサイトでサイト名で検索されない、半年Google検索にでてこないサイトがあります。

SEOの意味-Google検索上位のSEO対策方法の時に書いたSEO対策はGoogle検索に引っかかる前提、今回は検索にもにっかからない。

同じようなサイトがあるのかGoogleで検索してみると原因はいろいろですが、サイト名や会社名で検索しても検索されない、ヒットしない状況になる場合がたまにあるみたいです。私のサイトの一つもそうです。
ただ、主な原因がインデックス化されていないのが原因で、私のサイトはGoogleにインデックス化されても検索に引っかからないのです。

当初は時間がたてばいつかはと思っていましたが、もうそろそろ半年。

サイト名で検索してもヒットしないサイトはブログで、公開して半年ぐらい。ページ数も100ページぐらいはあります。
1ページの文字数もある程度あるし、コピペサイトでもなくアフェリエイトの広告もあまり貼っていないのでなぜGoogleに嫌われたのか分からない。
いろいろ検索されない理由を調べてみたのですが、どうも分からない。

タイトルに使われている文字が誰もが使うキーワードなのかと言えば、それほどありきたりなキーワードでもなく、あまりにも登録されないのでブログ名を変えたほど。
ページの中にも、タイトルに使われている文字をある程度入れました。もうやれることはやり尽くしました。許してください状態でした。

Google ウェブマスター ツールで見てもエラーは無く、Googleからペナルティを受けている訳でもないようで、site:URLで検索してもインデックスはされているみたいなので、
単純にコンテンツがよくないんだと思い、仕方が無いので、とりあえずGoogleのガイドラインを読み直してみました。

わかりやすい階層とテキストリンクを持つサイト構造にする事については、サイト名で検索してもヒットしないサイトはブログなので自動的に階層化され各ページにページリンクされているので大丈夫だと思いましたが、HTMLソースを見ると選んだテンプレートがよくないのか、<h2>の中に<h1>がいたり<h1>が複数いたので、<h1><h2><h3>を階層化し整理しました。後、HTML5の構文チェックツールでチェックして出来るだけ構文エラーを取りました。
怪しいのが、altにかなりの長文が入っていました。ただ、これだけが原因だとは思えない。独自ドメインにした方がよいのか…。いろいろ悩んで…半年。

最近、そのブログが何が原因なのかは分からないけど、サイト名で検索してヒットし始めました。
日々HTMLを見直したりサイトの構成を変えたりしていたので、何が原因だったのか良く分かりませんが、半年間我慢して半年後にやっとまともに検索されだしたので安心しました。

とわいえ、今まで検索にも出てこなかったサイトがとりあえずタイトル名で検索されただけなので、少しだけしかアクセス数が上がってませんが、それでも少しはアクセス数が上がっていました。Googleってすごい。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
布団屋ビビのIT経営戦略事業部

SEOの意味とこのブログ記事

そもそも、SEOとは何なのか?SEOの意味とは?
SEO対策して、成功するのか?失敗するのか?

"SEO"というキーワードでGoogle検索の上位になるために、ブログ記事のタイトルにSEOという文字列を2つ入れてみた。
これで、SEOというキーワードでGoogle検索の上位になればうれしい。

当然、これだけでSEOというキーワードで1位になれるはずが無いし1ページ目にもならないだろうから、
SEO対策をしていない当ブログの中で人気記事の1位になればいいぐらいの思いで記事を書きながらSEOの意味を理解していきたい。

SEOは、検索エンジンの最適化で主にGoogle検索対策の事を言います。
Yahoo!検索もありますが、Yahoo!はGoogle検索エンジンのロジックを利用しているのでGoogle検索対策となります。

SEO対策をいろんなブログで記事にしているのを見るので、この記事はSEO対策の手法や方法やり方については省きます。
それは、この記事自体が簡単なSEO対策でGoogle検索の上位になるのかを検証しているブログ記事だからです。
キーワードの出現率や文字数、titelやaltなどHTMLの使い方などの手法や方法やり方は何も気にしていません。

SEOの意味と目的

SEOの目的が大切で、SEO対策をしているブログやサイトは、SEO対策をしてどんなメリットがあるのか?
という事になりますが、企業などではサイトの訪問数を上げ、
サイト構築にかけた費用やサイトの運用にかけた費用をサイトで取り返しもっと売り上げを上げたいと思っています。

それは、インターネットを利用したネット販売や顧客の抱え込みなど直接的なものもありますし、
キャンペーンなどの告知、メーカー製品の修理窓口など企業イメージやサービスを向上させたりと間接的な取り組みで効果をだす場合があります。

インターネットの世界では、同じような商品を売る場合、確率論になります。
もし1000人が商品のページを見てもらい、100人に興味を持たれ、10個売れて、5人が口コミしてくれたらなら…
単純に2000人になった場合、200人に興味を持たれ、20個売れて、10人が口コミしてくれます。

Google検索上位になりたいために

知りたい・買いたい・便利になりたい⇒Google検索⇒検索結果から選ぶ⇒読む⇒気に入ればブックマークのお気に入り

知って欲しい⇒Google検索の結果から選んで欲しい⇒検索の上位にこれなくても3ページ目ぐらいまでには入り、
ページのタイトルで違いを出す⇒読む⇒気に入ればブックマークのお気に入り

ページのタイトルで違いを出すには

やはり、書籍のタイトルや帯と同じで、キャッチコピーが重要です。
よくあるのがが、"閲覧注意"とか"○○をするための3つの方法"とか…注意を引き付ける方法です。

メーカーのホームページで、CMS等のシステムで製品名をタイトルにしてページを動的に生成している製品ページは
企業ページなので検索には強いかもしれませんが、タイトルが製品名だけなので何ら興味を引きません。

PHP等で動的生成するにしても、製品ページをダイナミックなプレゼン風にする工夫や、
データベース項目の特徴をカウントし、タイトルを「○○の3つの特徴!」や
データベース項目の価格を取ってきて、タイトルを「○○の価格は500円!」など、
製品名+SEOキーワード(特徴や価格など)を入れて生成するほうが良いのかもしれません。

とにかく、ページを見てもらい、Google検索の上位になるには、
興味を持たせるページやタイトルで生成し工夫する努力がいるはずです。

プログラマーは動かす事が目的としている事が多いで、機能面では素晴らしい提案ができますが、
サイトの目的や意味を考えてこういう提案はなかなかしてくれません。

「こういう風にすれば、便利になる」は得意
「こういう風にすれば、儲かる」は苦手

でも、いずれ結局、みんなが同じようにタイトルをつけてくるようになります。
SEOをテーマにしたこのブログ記事も他のSEOに関して書かれているブログのタイトルとあまり変わりません。
逆に写真もない文字だけの記事なので、このブログ記事はたまたま来てくれたとしてもぱっと見て、
一瞬でこの記事はSEOの方法や手法などとは違うなと思い、またSEOでGoole検索をしなおすと思います。

でも、SEOでGoogle検索上位になりたいので、1つだけタイトルにSEO対策のお願いをしました。
Google検索上位になりたいとタイトルに願望を書きました。

SEOの意味-Google検索上位になりたいためにSEO対策をした1つの方法

SEOのカテゴリーを作成して、この「SEOの意味-Google検索上位になりたいためにSEO対策をした1つの方法」へ他のSEOのブログ記事から内部リンクをしました。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

旅にでよう!

このページのトップヘ

アイドルDVD数量限定キャンペーン